選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

思い出

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月4日更新

思い出

 このページは、過去の博物館の活動を紹介するコーナーです。

  ※最新の情報ではありませんのでご注意ください。

 山本辰典個展「忘却の遊戯場」  ※終了しました

第2回若手アーティスト支援企画として、山本さんの個展を開催します。

やまもと3 やまもと4

やまもと5 やまもと6

巨大作品「お山のすべり台」も完成。山本さんのアート作品をぜひご鑑賞ください。

  とき 8月18日(土曜日)から8月26日(日曜日)まで

      ※20日と21日は休館日。開館時間は午前10時から午後5時まで

  場所 蒲郡市博物館1階ギャラリー ※入場無料

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

〈山本辰典略歴〉

  1987 幸田町生まれ

  2006 蒲郡東高校卒業

  2010 愛知教育大学 教育学部 芸術系・図画工作専攻 卒業

  2014 広島市立大学 芸術研究科 博士前期課程 彫刻専攻 修了

  (2012‐2013 ALANUS HOCHSCHULE 交換留学)

  現在、日本福祉大学・名古屋短期大学で非常勤講師

〈グループ展〉 以下、主要なもの

  2012 「東広島現代美術プログラム2012宇山DNA」東広島市河内町宇山地区(広島)

  2015 「常滑フィールド・トリップ2015」常滑やきもの散歩道エリア(愛知)

〈個展〉

  2012 「山本辰典個展 -虚構の都市-」広島芸術センター(広島)

  2017 「山本辰典個展 -地に生きる人々-」ギャラリーrien(愛知)

その土地の歴史や風土を調査し、積み木や砂遊び、電車ごっこなど子供の造形遊びをヒントに、

立体、映像、インスタレーションなどの表現を用いて、作品を展開していく山本さんの手法は、現代アート界で高い評価を受けています。

ワークショップ「島は海に浮かんでいる」を開催!  ※終了しました

やまもと1  やまもと2当日の様子

山本さんを講師に開催するワークショップです。

竹島周辺から得られたモノを使って、島のアート作品を作り、海に浮かべます。

いったいどんなものができるのでしょうか?

  とき 8月12日(日曜日)午後1時から午後5時まで

  ところ 蒲郡市博物館に集合

  対象 小学生とその保護者(1・2年生は保護者同伴)

  定員 20人

  参加費 参加者1人につき100円(保険料)

  申し込み方法 8月7日(火曜日)までに、参加者全員の住所・氏名・生年月日・電話番号を

  博物館へメール(宛先:museum☆city.gamagori.lg.jp ←☆を@に変えてください)でご連絡ください。

〈当日のながれ〉

  まず博物館で「島」を作ります。

  竹島前まで歩いて移動します。

  「島」を海に浮かべます。

  竹島前で解散。

期待の若手作家・山本さんと楽しい時間をすごしませんか?

みなさまのお申し込みをお待ちしております!

常設展示「漁具コーナー -海に暮らす人々-」 開設しました。

ぎょぐ

このたび蒲郡市博物館では、漁業に関する展示コーナーを新たに設けました。

と き 平成30年6月23日(土曜日)から

ところ 博物館2階のロビー

今ではもう見られなくなった沿岸部の風景や、
昔の漁師さんが使った道具などを展示しています(写真パネル16点、漁具24点、)。

みなさまのお越しをお待ちしています!