ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企画部 > 秘書広報課 > 令和2年2月18日(第7回科学の甲子園ジュニア全国大会総合優勝・海陽中等教育学校2年生6名)

本文

令和2年2月18日(第7回科学の甲子園ジュニア全国大会総合優勝・海陽中等教育学校2年生6名)

記事ID:0216349 更新日:2020年3月3日更新

令和2年2月18日(火曜)、海陽中等教育学校2年生の6名の市長表彰を行いました。

受賞者の皆さん

岩瀬燎祐(いわせ りょうすけ)君
蟹江樹生(かにえ たつき)君
川島大暉(かわしま だいき)君
鈴木世成(すずき せな)君
瀧本吉平(たきもと きっぺい)君
長澤昊(ながさわ そら)君

6名は、令和元年12月6日から8日の3日間にかけて行われました「第7回科学の甲子園ジュニア全国大会」にて見事に総合優勝をされました。

科学の甲子園ジュニア1

6名は、令和元年7月と8月に行いました愛知県予選大会を勝ち抜き、愛知県代表として本大会に出場されました。今大会では28,231名の生徒がエントリーをされ、各都道府県から名のある中学校の生徒、47チーム282名が全国大会に集いました。そんな数ある強豪校のなかから見事総合優勝を収められました。昨年に引き続き総合優勝を果たした6名は「先輩の後に続いて連覇を目指してきたので、総合優勝できてとても嬉しかったです。」と語ってくれました。

今大会で総合優勝した学校は、科学の甲子園の高校生部門に出場できます。
「高校生の科学の甲子園では、上位1/6に入ることを目標に頑張ります」と意気込みを語ってくれました。

科学の甲子園ジュニア2


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット