ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企画部 > 秘書広報課 > 蒲郡市後援等の申請について

本文

蒲郡市後援等の申請について

記事ID:0152273 更新日:2017年1月13日更新

蒲郡市では、教育、文化、体育、産業、福祉等各般にわたり住民福祉の向上を図るため、広く市民を対象とし市がその趣旨に賛同できると判断した事業である場合は、主催者である個人又は団体の長の申請に基づき蒲郡市後援等の名義使用を承認しています。
蒲郡市後援等の名義使用を申請するときは、本文末尾に掲載の蒲郡市後援等取扱要綱をご覧のうえ、以下の手順を参考に手続をしてください。

申請手続

  1. 必要な書類を、事業開始の1か月前までに当該事業を所管する蒲郡市役所の担当課へ提出してください。
    当該事業を所管する担当課が不明な場合は、秘書広報課へお尋ねください。
    申請に必要な書類
    • 蒲郡市後援等申請書(様式第1号)
    • 主催者及び事業の内容を把握できる書類(関係印刷物等)
    • 事業の予算書(入場料、参加料、出展料等の徴収を伴う場合のみ)
    • その他、市長が必要と認める書類
  2. 申請内容を審査のうえ、後日文書により承認・不承認の結果を通知します。
    (※印刷物等への市後援名義等掲載は、名義使用の承認書が発行されるまでご遠慮ください。)
  3. 事業の実施にあたっては、十分な管理体制のもと事故防止には特に万全を期すとともに、万一事故が発生した場合は、主催者の責任において速やかに処理してください。
    なお、申請内容と異なる事実が判明若しくは実際に相違があった場合、又は市後援等の事業としてふさわしくない行為等があった場合は、後援等の承認を取消すとともに以後一切の後援等名義使用を承認しません。
  4. 事業終了後は速やかに事業実施報告書(様式第4号)に、事業実施の状況が分かる関係資料を添付して担当課へ提出してください。なお、料金を徴収した場合は、事業の収支決算書を必ず添付してください。

注意事項

  • 使用名義は 蒲郡市 です。
  • 後援名義の使用承認を受けた事業でも、次回同じ事業を行う場合は、新たに承認申請が必要です。
  • 事業は、申請書記載の計画により実施するものとし、やむを得ずこれを変更しようとする場合は直ち
    に担当課へ連絡のうえ承認を得てください。
  • 後援名義使用に際し、申請内容と実際に相違があった場合、又は後援の事業としてふさわしくない
    行為のあった場合は後援等の決定を取消すとともに、以後一切の後援等は承認いたしません。

参考資料

リンク先に申請書等様式があります。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット