ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企画部 > 人事課 > 職員の勤務体制

本文

職員の勤務体制

記事ID:0221378 更新日:2020年4月27日更新

新型コロナウイルス感染防止に向けた分散勤務等について

  新型コロナウイルス感染症が流行する中、職員の感染を防ぎ、市役所業務を継続的に実施していくため、次のとおり職場の3つの密(密閉・密集・密接)を避ける「ゼロ密」の対策に取り組んでいます。

取組内容

 市役所の職場において、職員の感染防止対策として次の取り組みを総合的に進め、職員間の物理的な距離を確保することにより、感染リスクの低下を図っています。

   (1) 配席レイアウトの見直し

       各職場において真向いに座らず、互い違いとなるような配席レイアウトに見直し、職員間の距離を可能な限り確保

   (2) 会議室等を活用した分散勤務体制への移行

       スペース的に手狭となっている職場については、会議室等を利用した分散勤務を実施

   (3) 土日を含めた分散勤務体制への切替

       月曜日から金曜日の週5日勤務を見直し、必要に応じて、土日も含めた週5日の勤務とする分散勤務体制に切替

実施日

   令和2年4月27日(月曜日)から当面の間

これまで行っている「ゼロ密」対策

   (1) 窓開けによる1時間に1回の室内換気を徹底 ・窓口カウンターに衝立を設置

   (2) 職員のエレベーター利用の原則禁止 ・在宅型テレワークの試行的実施など

市民の皆様へのお願い

  分散勤務の実施により、窓口対応を行う職員が平常時より少なくなっています。市民の皆様にご不便をおかけする場合がありますが、感染拡大防止の処置として、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査