ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 産業環境部 > 環境清掃課 > 微小粒子状物質(PM2.5)について

本文

微小粒子状物質(PM2.5)について

記事ID:0085438 更新日:2013年12月25日更新

蒲郡市内でPM2.5の測定を開始

 愛知県では、県内の大気汚染の状況を把握するため、大気汚染物質の常時監視を行っています。
 蒲郡市内では御幸町地内に測定局がありますが、新たにPM2.5測定機が設置され、平成25年12月25日より測定を開始しました。測定データは愛知県公式Webサイトにて24時間速報値として公表されます。
※PM2.5とは:
 粒径が2.5μm(マイクロメートル)以下の大気中に浮遊する粒子状物質(Particulate Matter)をいいます。粒径が非常に小さいため、肺の奥に入りやすく、肺がん、呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。

PM2.5の測定結果

 PM2.5測定結果(愛知県環境部ホームページより):測定局名称「蒲郡市御幸町」の欄を参照

  • 測定局名称「蒲郡市御幸町」をクリックすると、時系列変化グラフが閲覧できます。
  • 時間をクリックすると、県内各測定局での濃度範囲が閲覧できます。(濃度範囲に応じて色分け)

その他の大気汚染物質の測定結果(参考)

 愛知県大気汚染常時監視結果(愛知県環境部ホームページより):測定局名称「蒲郡市御幸町」の欄を参照

  • 測定局名称「蒲郡市御幸町」をクリックすると、時系列変化がグラフが閲覧できます。
  • 大気汚染物質名をクリックすると、県内各測定局での濃度範囲が閲覧できます。(濃度範囲に応じて色分け)

注意喚起情報について

 PM2.5が高濃度となった場合における注意喚起について、国が判断方法を見直したことを受け、愛知県においても判断方法が見直されることとなりました。

 PM2.5注意喚起の判断方法の見直しについて [PDFファイル/106KB](愛知県環境部ホームページより)

注意喚起情報が発令されたら

  • 不要不急の外出は控えましょう
  • 屋外で長時間の激しい運動をできるだけ減らしましょう
  • 窓の開閉を減らしましょう
  • 外出する場合はマスクを着用しましょう

※呼吸器系や循環器系に疾患のある方、小さなお子さんや高齢者の方は、体調に応じてより慎重に行動するよう心がけてください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査