ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 建設部 > 建築住宅課 > 中高層建築物計画届出書

本文

中高層建築物計画届出書

記事ID:0011818 更新日:2011年3月1日更新

中高層建築物計画届出書

 要綱第7条第1項に規定する関係図書の提出は、「中高層建築物計画届出書(以下「計画届出書」という。)」に次に掲げる図書を添付して行います。
 計画届出書の届出部数は、1部です。

添付書類一覧(蒲郡市中高層建築物指導要綱運用要領より)

付近見取図

  • 縮尺2500分の1の都市計画図を用いる。
  • 当該中高層建築物の敷地を朱色で明示する。
    • 土地の公図の写し
      公図の写しに当該中高層建築物の敷地を朱色で明示する。
    • 配置図
      • 縮尺は、200分の1程度とする。
      • 方位、敷地境界線、敷地内における建築物の位置、届出に係る建築物と他の建築物との別並びに敷地の接する道路の位置及び幅員を明示する。
      • 外構(敷地内通路、駐車場、植栽等)についても記入する。
    • 各階平面図
      • 縮尺は、100分の1程度とする。
      • 方位、出入口の位置、各室の用途及び寸法を記入する。
      • 同じ平面をなす階が複数存在する場合は、これを基準階平面図とすることができる。
    • 立面図
      • 縮尺は、100分の1程度とする。
      • 全周について図面を添付する。
    • 断面図
      • 縮尺は、100分の1程度とする。
      • 敷地に関する事項(平均地盤面、敷地の高低差等)、軒の高さ、最高高さ、斜線制限及び各部の寸法等を記入する。
    • 日影図
      建築基準法施行規則(昭和25年建設省令第40号)第1条の3第1項の表1(へ)欄に掲げる日影図に、近隣敷地の建築物の状況を明示する。
    • 要綱第5条第1項に規定する標識を設置したことを証する写真
      写真は2枚以上とし、1枚は標識の文字が判別できるもの、1枚は標識と周囲の状況が分かるものとする。
    • 近隣住民への説明状況報告書
      • 個別説明を実施した場合は、個別説明状況報告書(第1号様式(その1)及び第1号様式(その2))に必要事項を記入し添付する。
      • 説明会を実施した場合は、説明会状況報告書(第2号様式(その1)及び第2号様式(その2))に必要事項を記入し添付する。
    • その他市長が特に必要と認めるもの
      完成予想図(透視図)

検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット