選択された部分を音声で聴くには JavaScript が必要です
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
#
蒲郡市トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 耐震改修補助に係る税の優遇

耐震改修補助に係る税の優遇

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月5日更新

耐震改修に係る税の優遇

所得税の控除があります

 耐震改修工事を実施された場合、補助の有無に関係なく、一定条件及び期間のもと、上限25万円の所得税額の控除(申告、申請が必要です。)が受けられます。

計算例:耐震改修工事費が300万円、蒲郡市からの補助額が120万円だった場合。

工事費300万円-補助額120万円=180万円

180万円×10%=18万円 所得税から18万円が控除されます。

所得税についての優遇

固定資産税の減額があります

 所得税の控除だけでなく、固定資産税の減額(申告、申請が必要です。)が受けられます。 120平方メートルまでの住宅部分について1年間ですが固定資産税が1/2になります。

計算例:耐震改修工事費をした住宅が180平方メートルで、家屋の固定資産税が6万円だった場合。

120平方メートルまでの固定資産税が1/2(4万円×1/2=2万円)

残り60平方メートルの固定資産税2万円は従来通り。

6万円だった家屋の固定資産税が、4万円に一年間だけ減額されます。

固定資産税についての優遇


AdobeReaderPDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。