ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 名鉄西尾・蒲郡線 > H22「市民まるごと赤い電車応援団員活動報告(8月から11月)」

本文

H22「市民まるごと赤い電車応援団員活動報告(8月から11月)」

記事ID:0041396 更新日:2011年3月1日更新

ごりやく市で名鉄利用促進PR!(H22.11.30)

応援団員企画No.16【蒲郡商店街振興組合ほか3団体】

 蒲郡商店街振興組合(理事長:武田様)149名、蒲郡鉄道模型の会6名、NPO法人音魂ネット10名、鉄道の会2名は、平成22年11月28日(日曜日)、ごりやく市および薬證寺、西町会館で鉄道模型の乗車、展示、名鉄電車存続のPRを行いました。約450名のお客様にみていただき、にぎわいました。多数の保育園の鉄道ファンありがとうございました!

蒲郡商店街振興組合(理事長:武田様)

鉄道模型にまたがる親子鉄道模型を見つめるこどもたち

蒲郡市職員エコ・モビリティ運動を実践!(H22.11.26)

応援団員企画No.15【蒲郡市職員】

 蒲郡市職員は、平成22年11月3日(水曜日)の同一週に、「エコ・モビリティ・ライフ」を実践しました。愛知県は、「毎月第1水曜日は、エコモビの日」と定め、「エコ・モビリティ・ライフ」の推進を県民運動として展開しています。

 11月3日の同一週に、188名の職員が環境にやさしい交通行動を実践しました。また、7名の職員が名鉄を利用しました。

(蒲郡市:環境課・安全安心課・企画広報課)

きらまつりに名鉄を利用し参加!(H22.11.26)

応援団員企画No.14【吉良・夢うさぎ】

 吉良・夢うさぎ(代表:浅田様)4名は、平成22年11月14日(日曜日)、吉良町のきらまつりのよさこい鳴子踊りに参加するため、名鉄をりようしました。また、よさこい踊りの参加者に、名鉄利用促進をPRしました。

(吉良・夢うさぎ代表:浅田様)

蒲郡市職員エコ・モビリティ運動を実践!(H22.10.25)

応援団員企画No.13【蒲郡市職員】

 蒲郡市職員は、平成22年10月6日(水曜日)、「エコ・モビリティ・ライフ」を実践しました。愛知県は、「毎月第1水曜日は、エコモビの日」と定め、「エコ・モビリティ・ライフ」の推進を県民運動として展開しています。

 当日、188名の職員が環境にやさしい交通行動を実践しました。また、10名の職員が名鉄を利用しました。

(蒲郡市:環境課・安全安心課・企画広報課)

蒲郡市職員エコ・モビリティ運動を実践!(H22.9.25)

応援団員企画No.12【蒲郡市職員】

 蒲郡市職員は、平成22年9月1日(水曜日)、「エコ・モビリティ・ライフ」を実践しました。愛知県は、「毎月第1水曜日は、エコモビの日」と定め、「エコ・モビリティ・ライフ」の推進を県民運動として展開しています。

 当日、177名の職員が環境にやさしい交通行動を実践しました。また、6名の職員が名鉄を利用しました。

(蒲郡市:環境課・安全安心課・企画広報課)

蒲郡市職員エコ・モビリティ運動を実践!(H22.8.25)

応援団員企画No.11【蒲郡市職員】

 蒲郡市職員は、平成22年8月4日(水曜日)、「エコ・モビリティ・ライフ」を実践しました。愛知県は、「毎月第1水曜日は、エコモビの日」と定め、「エコ・モビリティ・ライフ」の推進を県民運動として展開しています。

 エコ・モビリティ・ライフとは、環境の「エコ」、移動の「モビリティ」、生活の「ライフ」をつなげた言葉で、クルマと電車、バス、自転車、徒歩などをかしこく使い分けるライフスタイルをいいます。地球環境にやさしく、安全で健康的なエコモビリティライフを広めていきたいと考えています。

 当日、192名の職員が環境にやさしい交通行動を実践しました。また、8名の職員が名鉄を利用しました。

(蒲郡市:環境課・安全安心課・企画広報課)


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット

名鉄西尾・蒲郡線対策協議会