ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 塩津保育園 > 保育理念・保育方針

本文

保育理念・保育方針

記事ID:0012054 更新日:2014年4月1日更新

保育理念      

 『自然と友だち 笑顔と会話があふれる保育園』を目指す

保育方針

  1. 一人一人の生活や文化の違いがある事を受け止め、個性を尊重し、その子らしい考え方や取り組みを育む
  2. 自然との触れ合いや様々な体験を通して豊かな感性を育てる
  3. 地域、自然、人との関わりの中で、豊かな人間性をもった子どもを育てる
  4. 異年齢保育を通して、思いやりや自主・協調の態度を養う
  5. 保護者との連携を密にし、子どもの成長を喜び合える関係を構築する
  6. より良い保育のために職員の共通理解を図り、自己研鑽に努める

保育目標(子ども像)

心身ともに健康で明るく元気な子ども

  • 戸外で体を使った遊びを十分楽しむ
  • 園庭菜園、クッキング等食に関する体験を積み重ね、食べることを楽しむ
  • 早寝早起き、朝ごはん、気持ち良い生活リズムを作る

友だちと仲良く遊び、思いやりのある子ども

  • 異年齢の友だちと触れ合い、いたわりの気持ちをもつ
  • いろいろな集団遊びを経験し、友だちと一緒に遊ぶ楽しさを味わう
  • 相手の立場に立って考えることができる
  • 祖父母や小学生、地域の人とのふれあいを楽しむ

自分の気持ちを素直に表現し、進んでやろうとする子ども

  • 友だちの話を聞き、自分の思いを話す
  • 感じたこと、考えたことを自分なりに表現する

自然に目を向けられる子ども

  • 友だちと散歩を楽しむ
  • いろいろな小動物や虫、植物と触れ合い、自然の恵に触れたりして豊かな感性をもつ

検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット