ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市消防本部 > 古い消火器は適切な方法で処分しましょう!

本文

古い消火器は適切な方法で処分しましょう!

記事ID:0090603 更新日:2013年7月23日更新

古い消火器の事故が発生しています!

国内において、老朽化した消火器を操作したことで破裂して受傷した事故が報告されています。これは、消火器が老朽化していたために、操作時に内圧が高くなった際に底面が抜けて容器が跳ね上がり操作者を負傷させたと推測されます。

古い消火器の取扱いにご注意を!

消火器は火災時の初期消火にとても有効ですが、屋外に放置されるなどによりサビや腐食が発生したり、老朽化することで、いざという場合に使用できず、操作した時に破裂して受傷事故に至る危険があります。使用に耐えられなくなった消火器は、廃棄処分を専門業者に依頼し、新しいものに交換しましょう。

 消火器にも寿命があります。住宅用消火器であれば、使用期間又は使用期限が本体に表示されていますので、期限を過ぎたものは、新しいものと交換しましょう。

また、消火器を自分で解体したり訓練で使用することも絶対にやめてください

消火器の廃棄処分方法はこちら

消火器


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査

災害情報

公表制度

自主防災動画集