ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市消防本部 > 先端屈折式はしご車

本文

先端屈折式はしご車

記事ID:0010264 更新日:2017年4月1日更新

先端屈折式はしご車を横から見た写真です

先端屈折式はしご車の梯子を伸ばしている写真です

 平成27年2月に配備されたこの消防車は、地上から最大35.4mの地点まで梯子を伸ばすことが可能です。梯子先端のバスケットには最大4名乗ることが出来、さらに梯子の屈曲操作が可能です。そのおかげでフェンスや障害物で今まで到着できなかった場所に隊員がいけるようになり、多種多様な高層建物の災害に対応出来るようになっております。

  • 全長: 11,400mm
  • 全幅: 2,490mm
  • 全高: 3,510mm
  • 総排気量: 8,860cc
  • 車両総重量: 20,285kg.

検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査

災害情報

公表制度

自主防災動画集