ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市消防本部 > 放火火災を防ぐ

本文

放火火災を防ぐ

記事ID:0103869 更新日:2014年5月9日更新

放火は、全国的に見ても毎年上位となっている火災原因の一つです

同じ地域で続けて連続放火が発生する事例もあり、発生すれば平穏な生活を脅かす卑劣な犯罪です。

放火の傾向を知ることで、放火犯に隙を見せないようにし、放火防止対策を行いましょう。

 全国の火災件数 令和 元年 37,538件 放火と放火の疑い件数4,506件

         平成30年 37,981件 放火と放火の疑い件数4,761件

 

狙われる時間帯は?

深夜から未明にかけてなど、人目が少ない時間帯に行われる傾向があります。

 

どんな場所で?

外部から侵入しやすい場所、人目の着かない場所で放火が目立ちます。

建物の死角、ごみ置き場、倉庫や物置、農地、林野など

 

何に放火される?

可燃ごみ、新聞や雑誌、段ボール、車やバイクのボディカバー、枯草など放置されている燃えやすい物

 

放火防止の5つの対策

  • 車庫、物置などは必ずカギを掛けましょう。
  • ごみ、資源回収は決められた収集日の朝に出しましょう。
  • 外灯、センサーライト、防犯カメラなどを設置しましょう
  • 家の周囲は常に整理整頓し、燃えやすいものは置かないようにしましょう。
  • 地域の皆さんで声をかけあって、見守りをしましょう。

 

皆さんの住宅、事業所、地域での放火防止対策をチェックしてみましょう。(総務省消防庁から改変)

放火防止対策チェックシート(住宅用) [PDFファイル/154KB]

放火防止対策チェックシート(事業所用) [PDFファイル/167KB]

放火防止対策チェックシート(地域用) [PDFファイル/183KB]

 

放火2 放火

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査

災害情報

公表制度

自主防災動画集