ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市消防本部 > 事業者の方へ 豪雨に伴う停電から復旧時の通電火災に注意しましょう

本文

事業者の方へ 豪雨に伴う停電から復旧時の通電火災に注意しましょう

記事ID:0227201 更新日:2020年6月15日更新

豪雨や台風により、広範囲にわたる長時間停電の発生するおそれがあります。

 停電からの復旧から再通電した時に、電気機器または電気配線からの火災(通電火災)が発生するおそれがあることから、事業者の皆さんは通電火災対策をお願いします。

 

水害により停電が発生した場合は

 

  • 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜きましょう。
  • 停電中に自宅を離れる場合はブレーカーを落としましょう。
  • 再通電時は、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすい物が近くにないかなどを、十分に安全を確認してから電気機器を使用しましょう。
  • 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があるため、煙等の異常を発見した際はただちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。

検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査

災害情報

公表制度

自主防災動画集