ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 建設部 > 建築住宅課 > 耐震シェルター

本文

耐震シェルター

記事ID:0087050 更新日:2021年4月1日更新

民間木造住宅の耐震シェルター設置費補助事業

 蒲郡市では、高齢者等が居住する住宅へ耐震シェルターを設置する場合に補助金を交付します。

耐震シェルターとは

 この補助金の対象となる「耐震シェルター」は、建物の上部構造評点の向上に寄与しない工法で、住宅が倒壊しても安全な空間が確保できる住宅内に設置する箱型の構造物をいいます。

補助対象者

 次の1から4のすべてに該当する者

  1. シェルターを設置する住宅の所有者又は使用者(当該所有者が承諾したものに限る)
  2. 市税に滞納の無い者
  3. 耐震シェルター設置補助又は耐震改修補助を受けていない者
  4. 65歳以上の高齢者のみの世帯、又は障がい者(身体障害者手帳1または2級所持者)の方がいる世帯に属する者

補助対象住宅

  1. 「蒲郡市民間木造住宅耐震診断事業」による耐震診断を受けた2階建て以下の住宅で、その診断結果が「判定値1.0未満」の評価であること
  2. これまでに耐震シェルター設置又は耐震補強改修工事を実施していないこと

補助金額

  耐震シェルターの購入設置に要する1基分の費用を一部補助します。(25万円を上限とする)
  ただし、床下工事等の付帯工事にかかる経費は対象外。

申込み

 令和3年度分の段階的改修補助申請を受付中です。

  契約及び設置をする前に申請などの手続きが必要となりますので、必ず事前にお申し出ください。
  申込み多数の場合は、一定期間お待ちいただく場合があります。

 申し込みは、下記ファイルを参考に必要書類を提出してください。

代理受領制度について (令和3年度から利用できるようになりました。

 建物を所有する方など(申請者)が蒲郡市の補助金を受けて耐震改修工事等を行う場合に、補助金の受領を工事業者へ委任することで、補助金相当額が工事費の支払いから除かれます。申請書は、補助金相当額を除いた工事費用を用意すればよいため、自己で用意する負担が少なくできます。

 蒲郡市耐震等関連事業補助金代理受領制度

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット