ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保険年金課 > 後期高齢者医療保険料の改定(令和4年度改定)

本文

後期高齢者医療保険料の改定(令和4年度改定)

ページID:0198667 更新日:2022年8月25日更新 印刷ページ表示

令和4・5年度の保険料率

 後期高齢者医療制度では、財政運営期間を2年間としており、この期間の医療給付費等の財源に充てるため、保険料率の改定を行いました。

保険料率
  令和2・3年度の
保険料率等
令和4・5年度の
保険料率
所得割率 9.64% 9.57%
被保険者均等割額 48,765円 49,398円
一人当たり平均保険料(年額)
令和2年度の
一人当たり平均保険料(年額)
令和4年度の
一人当たり平均保険料年額(年額)
92,191 91,117円

 

保険料賦課限度額の改定

 令和4年度から国の基準に合わせて保険料負荷限度額の改定を行いました。これにより所得割率が抑制され、中間所得者の負担軽減が図られています。

保険料賦課限度額
令和3年度まで 令和4年度から
64万円 66万円