ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企画部 > 企画政策課 > がまごおりふるさとワーキングホリデー参加者を募集します

本文

がまごおりふるさとワーキングホリデー参加者を募集します

記事ID:0232575 更新日:2020年11月13日更新

ふるさとワーキングホリデーとは

 都市部や地域外の若者などが、一定期間その地域に滞在し、働きながら地元住民との交流を通じて、地方の暮らしなどを体験していただく事業です。

 総務省が実施する事業で、全国的に進められている、この「ふるさとワーキングホリデー」を令和2年度より、蒲郡市でも実施します。

 総務省ポータルサイト

がまごおりふるさとワーキングホリデー

実施期間(受け入れ期間)

 令和3年2月から3月23日

 滞在期間は、受け入れ企業により異なります。

受け入れ企業

三谷温泉 平野屋

(株)縁案(多機能型事業所エニシアン)

NPO法人 楽笑

蒲郡市農業協同組合

地域イベント

    参加者のみなさまの就労の合間(休日)を利用して、蒲郡市職員と回るミニ市内ツアーを予定しています。
  例:蒲郡の伝統工芸「三河木綿」体験 パワースポット竹島散策など

参加の補助・自己負担

  参加にあたってのサポート

  •  宿泊費は1人につき1泊あたり3,000円を蒲郡市から補助します。参加期間中の宿泊場所は、就労先(受け入れ企業)に近い宿泊施設等を事務局で探します。
  • 宿泊場所から就労先までの交通費(公共交通機関)を補助します。
  •  労災保険やイベント保険に、参加者負担なしで加入します。
  •  ワーホリ参加中に困ったことがあっても、事務局がすぐに対応します。

  参加者に負担いただくもの

  •  JR蒲郡駅まではご自身でお越しいただきます。
  •  参加中の食事や、滞在費(補助上限を超える宿泊費、洗濯など)はご負担いただきます。

休日の過ごし方

  就労受け入れ先での就労時間の他は、半日ほど地域イベントにご参加いただきますが、そのほかは自由に過ごしていただきます。

 レンタサイクルを使って楽しむ

  蒲郡駅で電動自転車(ぐるチャリ)の無料レンタルサービスがあります。蒲郡市内をぐるぐる回ろう。

  ぐるチャリ

赤い電車に乗ろう

  蒲郡市の西半分を通る名鉄西尾・蒲郡線は「赤い電車」でおなじみのローカル鉄道です。

  沿線マップ
  レンタサイクル 

日帰り温泉

  蒲郡市には4つの温泉郷があります。 

参加の流れ

  1 受け入れ企業を選び、下記の申し込みフォームよりお申し込みをしてください。
  2 事務局にて申し込み内容を確認し、受け入れ企業や宿泊場所の調整を行います。
  3 必要に応じて、申し込み内容の確認を事務局からさせていただいたり、企業との面談についてのご案内をいたします。
  4 申込者に参加決定のお知らせと、宿泊場所の案内・参加マニュアルを送付いたします。
  5 地域イベントの相談を事務局よりさせていただきます。
  6 ワーホリ開始!

申し込み

   下記申し込みフォームより申し込みを行ってください。

  お申込みフォーム 

問い合わせ先

 がまごおりふるさとワーキングホリデー事務局
 電話:0564-22―5458(平日10時から17時)
 FAX:0564-23-2031
 MAIL:gama-wh@chunichi-adnet.co.jp

説明会

 詳細が決まるまでお待ちください。

その他

 新型コロナウイルスの状況によっては、事業を中止する場合があります。

 参加者のみなさまにおかれましても、ワーホリ参加以前より感染対策に努めていただくほか、参加中におかれましても検温等の対策にご協力いただきます。


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査