ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 市長の部屋 > 令和元年7月から9月

本文

令和元年7月から9月

記事ID:0205781 更新日:2019年11月1日更新

 市長のフォトレポート

市長の公務の様子を写真とともに、ご紹介します。

令和元年9月11日 敬老訪問

高齢者居宅訪問

 稲葉市長は、市内に住む数え年101歳以上のお年寄り38名のうちの7名を敬老訪問し、長寿をお祝いしました。最高齢の方は、なんと数え年112歳で、県内でも1番です。皆さん長く生きてゆく中で、様々な経験をされ、楽しいことばかりではく、悲しみや苦しみも乗り越えてこられました。「苦労をして、身体も心も強くなった」とおっしゃる方もいらっしゃいました。稲葉市長は「これからも健康に気を付けて、元気で、長生きしてください」と激励しました。

令和元年9月10日 表敬訪問:株式会社ミスコンシャス 代表取締役社長 小山絵実様

株式会社ミスコンシャス

 このたび、蒲郡市に本社を構える、衣装レンタル会社の株式会社ミスコンシャス代表取締役社長 小山絵実様が、第18回女性起業家大賞(全国商工会議所女性連合会主催)において、最優秀賞を受賞されました。小山社長が稲葉市長を表敬訪問し、受賞の喜びと今後の意気込みを語られました。ここにしかないサービスを提供するオンリーワンの企業として、今後益々のご活躍をお祈りいたします。

令和元年8月29日 表敬訪問:蒲郡東部小1年 横田颯くん

横田颯くん

 蒲郡東部小1年 横田颯くんが、7歳以下の国内トップ選手「U-7卓球選手」に選出され、稲葉市長を表敬訪問しました。11月に開かれる強化合宿に参加し、日本代表入りを目指します。稲葉市長は、「持ち前のハートの強さを活かし、大きな舞台で頑張ってきてください」と、激励しました。

令和元年8月21日 感謝状贈呈式:株式会社ミカワエンジニアリング様

株式会社ミカワエンジニアリング

 株式会社ミカワエンジニアリング様におかれましては、同社創立45周年(平成29年度)から、毎年、市に寄附金をいただいております。今年で3年目のご寄附となり、稲葉市長から代表取締役社長 味岡正様に、感謝状が贈られました。寄附金50万円は、蒲郡市小中学生海外派遣事業の一部して使わせていただく予定です。味岡社長は、「子どもたちに、若い時から海外をみて、視野を広げてほしい」と思いを語られました。

令和元年8月20日 寄附金贈呈式:蒲郡ライオンズクラブ様

蒲郡ライオンズクラブ

 蒲郡ライオンズクラブ様から、金25万円のご寄附をいただきました。同クラブの社会貢献事業の一環として、このたびのご寄附をいただき、移動式監視カメラの購入に使用させていただく予定です。移動式監視カメラを活用し、市内資源ステーションの適正利用、不法投棄を未然に防いでいきます。稲葉市長から会長 大場康議様に、御礼状が手渡されました。

令和元年8月16日 表敬訪問:形原中3年 野村慈音くん

野村慈音くん

 形原中学校3年 野村慈音くんが、第65回全日本中学校陸上競技愛知県大会 男子1500メートルにおいて優秀な成績を収められ、第46回全日本中学校陸上競技選手権大会に出場することになりました。稲葉市長を表敬訪問し、「決勝に進出したいです」と全国大会への意気込みを語ってくれました。稲葉市長は「体調を整え、ベストなコンディションで大会に臨んでください」と激励しました。

令和元年8月9日 表敬訪問:蒲郡西部6年 尾崎真名花さん

尾崎真名花さん

 蒲郡西部小学校6年 尾崎真名花さんが、第26回わんぱく相撲愛知ブロック大会において優秀な成績を収められ、第1回わんぱく相撲女子全国大会出場が決定しました。稲葉市長を表敬訪問し、「全力を尽くして楽しみたいです」と全国大会への意気込みを語り、稲葉市長は「良い思い出を作ってきてください」と激励しました。蒲郡場所の主催者である蒲郡JCは、尾崎さんの名前入り横断幕を作製し、勝利の後押しをしました。

令和元年8月7日 高校生市長対話

高校生市長対話

 稲葉市長は、市内にある3つの高校、蒲郡高校・蒲郡東高校・三谷水産高校から代表で訪れた7名の皆さんと、蒲郡について、語り合いました。「若者が遊べる場所をもっと増やしたい」、「他の市にない資源をもっと活かしていきたい。海や山を活かしたレジャー施設があるといい」、「小中学生のスポーツチームが多いところが良い。これからも減らないようにしたい」等、高校生らしい様々な意見を発表してもらいました。

令和元年8月5日 中学生市長対話

中学生市長対話

 稲葉市長は、市内各中学校から代表として訪れた3年生7名の皆さんと、蒲郡の将来像や夢について語り合いました。「商店街を復活させたい」、「交通の便が悪い地域もある。改善したい」、「高校通学のために、赤い電車を応援したい」等、蒲郡のためにいろいろなことを考え、意見を発表してもらいました。市長室での記念撮影では、とてもいい笑顔を見せてくれました。

令和元年8月2日 小学生市長対話

小学生との市長対話

 稲葉市長は、市内各小学校から代表として訪れた6年生13名の皆さんと、理想の蒲郡等について語り合いました。「地元の人たちも遊べる場所を作って、人口が増やしたい」、「三谷祭をもっと多くの人に見てもらいたい」等、蒲郡をよりよいまちにするために、たくさん考えて意見を発表してもらいました。子どもたちは、普段はなかなか入る機会のない市長室や、市長応接室を見学したりしました。

令和元年7月20日 第64回愛知県消防操法大会

第64回愛知県消防操法大会

 第64回愛知県消防操法大会が竹島ふ頭で開催され、稲葉市長は、出場した蒲郡市消防団第7分団(塩津地区)を激励しました。蒲郡市での開催はなんと20年ぶりでした。第7分団は、小型ポンプ型操法の部で、見事準優勝を収めました。誠におめでとうございます。消防団の皆さんは、市民の生活を守るために日々訓練をされています。いざという時にこのような存在の方々がいることは、本当に心強いです。

令和元年7月13日 生命の海科学館20周年!

生命の海科学館記念式典

 このたび、生命の海科学館は開館20周年を迎え、お祝いの記念式典に、稲葉市長が出席しました。稲葉市長は、「様々な種類のワークショップが毎週開催され、子どもたちの知識を養い、多くの体験できる施設。今後も、多くの人々に活用してほしい」と、挨拶を述べられました。20周年を記念して、特別展「カンブリアン・キングダム―アノマロカリスとなかまたち」も始まり、11月24日まで開催されます。

令和元年7月11日 東三河統一交通安全キャンペーン

交通安全キャンペーン

 このたび、東三河地域交通安全対策推進連絡協議会の活動の一環として、東三河8市町村が、各市域で同時に、交通安全啓発活動をおこないました。稲葉市長は、市役所沿道に立ち、「とまってくれて」「ありがとう」のプラカードを、運転者に見えるようアピールしました。歩行者中心の社会を目指し、交通事故ゼロを目指します。

令和元年7月9日 NTT西日本名古屋支店との覚書締結式

NTT西日本名古屋支店

 このたび蒲郡市は、NTT西日本名古屋支店と、災害時における特設公衆電話の設置・利用に関する覚書を締結しました。大規模災害等による、避難所開設時に、避難された方々が速やかに通信手段を確保できるよう、避難指定所の市内小中学校20校に計35回線の特設公衆電話回線を事前設置していただくものです。災害時には、ライフラインの早期確保・復旧も、非常に重要になります。「備えあれば患いなし」です。

令和元年7月9日 東三河生コンクリート協同組合との協定締結式

東三河生コンクリート協同組合

 このたび7蒲郡市は、東三河生コンクリート協同組合と「災害時における生活用水の確保及び消火活動支援に関する協定を締結しました。大規模災害時での、自治体単独での対応が難しい部分について、このような協力協定を締結することによって、さらなる防災体制の強化を図ってまいります。避難所等における生活用水の確保や、大規模火災時における消火用水の確保は、最も重要な備えのひとつです。

令和元年7月9日 表敬訪問:JICA 市川莉奈さん

市川莉奈さん

 JICA(国際協力機構)の青年海外協力隊として、2年間ブラジルに派遣される市川莉奈さんが、稲葉市長を表敬訪問しました。市川さんは、現地日系人の子どもたちに日本語を教えたり、体育の授業をおこなったりするそうです。稲葉市長は「2年間健康に気を付けて、頑張ってきてください」と激励しました。

令和元年7月7日 図書館50周年!

図書館50周年

 このたび、蒲郡市立図書館は開館50周年を迎え、お祝いの記念式典に稲葉市長が出席しました。子どもたちに読み聞かせ活動をおこなう7つのグループに感謝状を手渡し、長年にわたる活動に敬意を表しました。子どもからお年寄りまで、誰もが利用でき、知識を広げられる場所です。今後も、市民に親しまれる図書館であってほしいです。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット