ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 市長の部屋

本文

市長の部屋

記事ID:0204630 更新日:2021年4月1日更新

 蒲郡市長の部屋へようこそ

蒲郡市長 あいさつ

市長写真

 私は、新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、市民の皆様の生活や経済活動が大きな影響を受けていることを踏まえ、今年度も引き続き、市民の皆様の命と暮らしをしっかりお守りするため、新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、経済の再生と新しい生活様式の実践に最優先で取り組んでまいります。

 「蒲郡市民憲章三つの誓い」にある、ひとづくり・いえづくり・まちづくりを市政の原点とし、今後の蒲郡市の将来への発展に向け、一人ひとりが希望と幸せを実感できるまちづくりを目指し、対話と会話を充実させながら、「チーム蒲郡」で蒲郡市政に取り組んでまいります。

 教育環境整備の充実につきましては、本市では、令和2年度中に小中学校全ての児童生徒にタブレット端末を配布し、校内LAN環境の整備を終えました。「Society5.0 時代を生きる子どもたちにふさわしい、誰一人取り残すことのない公正に個別最適化され、創造性を育む学び」いわゆる、GIGAスクール構想を実現するため、今年度は学校教育課内に情報教育推進担当の指導主事を配置し、情報教育推進のための支援体制を強化してまいります。また、教員と連携、協力して児童生徒にICT機器の操作方法を教え、ICT機器を活用した質の高い授業を行うため、小中学校に4校に1人の割合でICT支援員を配置します。

 保育園につきましては、年々増加しております低年齢児保育のニーズに応えるため、令和4年度からの運用開始を目指して、北部保育園に低年齢児用園舎を新設し、あわせて駐車場の整備を行ってまいります。さらに、今年度から塩津保育園で0歳児、1歳児の保育を実施するとともに夕方の保育時間を1時間延長いたします。

 介護予防・認知症予防のための高齢者の居場所づくりにつきましては、老人福祉センター寿楽荘を介護予防拠点として、積極的な活用展開を図るとともに、市内11地区で開催しています「支えあい座談会」において活発な協議を展開してまいります。

 市民の健康づくりにつきましては、がんの予防や早期発見と適切な治療につなげることを目的に、がん検診の対象年齢となる40歳の方を対象に、セットでがん検診を受診できる事業を新たに実施いたします。男性は、肺がん・大腸がん検診、胃がんリスク検査、肝炎ウイルス検査、女性はこれらに加えて乳がん・子宮頸がん検診、HPV検査をセットで実施いたします。

 シティセールスの推進につきましては、市民の皆様が誇れる「蒲郡の魅力」をブランドとして確立し、その魅力を市内外に発信することで、シビックプライドを醸成し、地域振興や定住人口・関係人口の増加等を目指してまいります。そのために、今年度策定しますシティセールス基本方針に基づく事業として、ドラマや映画のロケ誘致とその公開に伴う地域PR、地場産品を活用した新商品開発等のシティセールス事業を官民一体となって実施してまいります。

 また、海のまちづくりを推進する施策として、若手作家等がデザインしたベンチを海辺に設置する「ベンチアートプロジェクト」を官民一体で取り組んでまいります。

 東港地区につきましては、まちづくりの方向性や進め方を示す「まちづくりビジョン」を策定し、公共空間を活用した日常の賑わいづくりに向けた社会実験などに対して支援を行い、市民との対話を通じて、地域の魅力を生かした居心地の良い空間づくりを目指してまいります。

 地球温暖化対策につきましては、「地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」に基づき、温室効果ガスの排出抑制や新エネルギーの導入促進を図っております。本市においては、2050年を目途に温室効果ガスの排出を実質ゼロにするまち「ゼロカーボンシティ」の実現に向け、市民の皆様と一体となって取り組むことを宣言しました。

 今年度は、計画的に公共施設におけるLED照明への転換、太陽光発電システム等の設置、公用車への電気自動車の導入を行い、率先的に新エネルギーの導入を推進するとともに、電動アシスト自転車購入費補助を拡充し、市民の皆様の取組を支援してまいります。                           

令和3年4月

蒲郡市長 鈴木寿明


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット