ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育て支援課 > 給食費負担軽減補助金

本文

給食費負担軽減補助金

ページID:0266318 更新日:2023年5月25日更新 印刷ページ表示

給食費負担軽減の実施について

蒲郡市では、安心して子育てができる体制を整え、子育て世帯に魅力あるまちとすることを目的として、令和4年4月から園児の給食の「主食費」の無償化を実施し、さらに令和5年4月から物価高騰に対する支援として

主食費:900円(月額上限)※令和5年3月31日までは、850円(月額上限)

副食費:500円(月額上限)※令和4年度は実施なし。

を実施しています。

これに加え、コロナ禍における原油価格および物価高騰の影響を受ける世帯の家計負担を図るため
下記実施期間中の給食費無償化を実施します。(上限あり)

主食費:900円(月額上限)

副食費:5,000円(月額上限)
なお、利用する施設・サービスによって、無償化事業の実施方法・手続きが異なります。

(参考)主食費・・・ご飯、パンなどにかかる費用。 副食費・・・おかずなどにかかる費用。

実施期間

令和5年6月1日から令和5年8月31日まで

実施方法・手続きなど

公立保育園

市内の公立保育園に通っている園児の場合、手続きは不要です。実施期間中の副食費の徴収は行いません。

私立保育園・私立認定こども園・私立幼稚園

手続きは不要です。実施期間中は蒲郡市から園に児童一人あたり副食費相当額として4,500円/月を上限に補助を行います。副食費が上限を超えている場合は、園から副食費の徴収が行われることがあります。

一時預かり事業

手続きは不要です。一時預かり事業を利用される3〜5歳児クラスの方は、提供する給食費(180円/日)の内の副食費分(115円/日)が無償化となります。

認可外保育施設

手続きが必要です。市内・外の認可外保育施設を利用されている3〜5歳児クラスの方は、手続きにより副食相当額を補助します。対象者として市が把握している方(施設等利用給付の認定を受けている方)には利用施設を通じて又は直接ご連絡をします。施設等利用給付を受けておらず、手続きの案内が届かない場合はお問い合わせください。

必要書類は、

現在準備中です。

その他対象施設・サービス

児童発達支援事業及び病児・病後児保育事業を利用された場合も無償化の対象となります。詳しくはお問い合わせください。