ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育て支援課 > 保育園の一時預かり事業について

本文

保育園の一時預かり事業について

記事ID:0140440 更新日:2020年4月1日更新

一時預かり事業

保護者の疾病、災害・事故、出産、育児休業、介護、冠婚葬祭により、緊急的又は一時的に保育が必要となる児童を保育する事業です。保護者の育児に伴う心理的、肉体的負担を解消する(リフレッシュ)ために一時的に保育が必要となる児童も対象となります。(ただし、緊急的一時保育及び特定保育の方が優先となります。)
保護者と利用する児童が蒲郡市に住民票がある方に限ります。

★幼児教育・保育の無償化対象事業です。無償化になるためには認定が必要です。利用月の前月25日までに手続きをしてください。詳しくは、各保育園または子育て支援課にお問い合わせください。

一時預かりチラシ

★無償化対象者は、

保育の必要性がある3歳児から5歳児の子ども

保育の必要性がある0歳児から2歳児の非課税世帯の子どもです。

 

(TEL)

府相

(68-2331)

形原南

(57-2809)

三谷西

(68-3319)

形原北

(57-4301)

塩津

(68-3840)

大塚西

(59-7014)

受入年齢

生後6か月から就学前

2歳児から就学前

定員

10人

(受入児童の年齢等により定員変更有)

5人

(受入児童の年齢等により定員変更有)

利用時間

午前8時30分から午後4時30分

利用理由

1保護者の傷病、災害・事故、出産、育児休業、看護・介護等

※育児休業については、育休を取得している子以外を預ける場合に限ります。

2保護者の就労、職業訓練、求職活動等

3保護者の育児疲れなどの解消

利用期間

1・2の理由によるものは1か月15日以内

3の理由によるものは1か月日以内(ただし、1・2の理由の方が優先となります。)

※全ての園の利用日数の合計が、1・2は15日以内。3は5日以内ですのでご注意ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査