ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育て支援課 > 入園の基準について

本文

入園の基準について

記事ID:0125995 更新日:2020年8月25日更新

認定申請・入園申込のできる方

お子さんと保護者が蒲郡市に住民登録し、実際に蒲郡市にお住まいの方。また、集団保育が可能なお子さんで、保護者が次のいずれかの事情にある場合に限ります。認定は、保護者(基本的に父母)の事由について行います。

保育を必要とする事由

  • 就労(内職はお子さんが3歳児以上のみ)
  • 産前産後(出産予定日から産前8週にあたる日の翌月の初日から/出産日の翌日から産後8週にあたる日の月の末日まで)
  • 病気または心身に障害がある
  • 病気または心身に障害のある同居の親族を常時介護している
  • 災害復旧
  • 求職活動(1カ月間)
  • 就学
  • 虐待やDVのおそれがあること(子育て支援課にお問い合わせください)
  • 育児休業取得中(お子さんが3歳児以上のみ)
    ※入園されるお子さんが就学前までに職場復帰をされる方が対象になります。
  • その他、上記に類する状態として市が認める場合

入園の基準

保育を必要とする事由が就労の場合は次のとおりです。
なお、就労以外の事由についても、同等の要件が必要となります。

全年齢児・・・月64時間以上(おおむね「1日4時間以上かつ月16日以上」を基本)

ただし、0から2歳児は、内職は認められません。

入園の期間

申込者からの希望の範囲内で、小学校入学前までの保育を必要とすると見込まれる期間とします。ただし、保育を必要とする事由によって、入園期間は異なります。(産前産後など)

基本的に、月初日を入退所日としています。

※26年度まで、4・5歳児については、保護者等が就労等の要件を満たさない場合も入園可能でしたが、新制度では、保護者が上記の「保育を必要とする事由」のいずれかに該当することが必要となります。

※幼児教育のため、小学校入学準備のため、集団生活を体験させるため、あるいは下の子の保育に手がかかるということなどの理由は、入所の対象とはなりません。

※外国人の方も住民登録が必要です。在留カードをお持ちください。

※保育を必要とする事由によっては、認定を受けた場合であっても、希望する園への入園ができないことがあります。あらかじめご了承ください。

 

入園基準表

基準表 [PDFファイル/82KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

新型コロナ 竹島水族館 新生児特別定額給付金 体重測定100日チャレンジ 令和2年国勢調査