ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市保健医療センター > 令和3年度成人用肺炎球菌ワクチン予防接種

本文

令和3年度成人用肺炎球菌ワクチン予防接種

記事ID:5200401 更新日:2021年4月1日更新

肺炎球菌感染症とは

 「肺炎球菌感染症」は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。日本人の約3から5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌がなんらかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

 肺炎球菌ワクチンを接種することにより、肺炎球菌が原因となる肺炎の8割に効果があるといわれています。

特に高齢の方は重症化しやすいため予防接種が有効です。

令和3年度 定期接種対象の方

【対象者】 今までに1度も成人用肺炎球菌ワクチン予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を受けたことがない下記の方

 1. 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の方

令和3年度定期接種対象者
年齢 生年月日

65歳

昭和31年4月2日生から昭和32年4月1日生

70歳

昭和26年4月2日生から昭和27年4月1日生

75歳

昭和21年4月2日生から昭和22年4月1日生

80歳

昭和16年4月2日生から昭和17年4月1日生

85歳

昭和11年4月2日生から昭和12年4月1日生

90歳

昭和 6年4月2日生から昭和 7年4月1日生

95歳

大正15年4月2日生から昭和 2年4月1日生

100歳

大正10年4月2日生から大正11年4月1日生

  2. 満60歳以上65歳未満で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能障害または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(主治医の意見書が必要です)

  ※蒲郡市に転入された対象の方は、予診票を発行しますので接種前に健康推進課までご連絡ください

【接種費用】 自己負担金 2,000円(非課税世帯・生活保護世帯の方は無料)

【回数】 1回(効果は約5年間持続します)

【実施期間】 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

【実施場所】 

市内受託医療機関一覧

医療機関名 電話番号 医療機関名 電話番号
あおば内科クリニック 57-0211 石原内科 57-4303
いとう内科小児科 66-0088 岡本内科クリニック 69-2666
小田醫院 68-5233 加藤医院 59-7878
かとう小児科・内科クリニック 95-8181 かなだ内科・糖尿病クリニック 68-0077
蒲郡クリニック 68-1115 蒲郡厚生館病院 69-3251
蒲郡市民病院 66-2200 蒲郡東部病院 59-7601
カワイ外科 68-4234 沓名医院 68-2395
小林内科クリニック 66-2111 こんどうクリニック 66-0007
杉浦内科胃腸科 69-9840 すみれクリニック 58-2100
内科・消化器科たかしクリニック 66-0330 つげ耳鼻咽喉科 68-1187
とくなが内科 95-1232 とよおかクリニック 67-1155
トリイクリニック 57-2004 はしば耳鼻咽喉科・内科クリニック 68-4190
畑川クリニック 080-4300-1516 はたのクリニック 68-8899
平野内科医院 57-0370 福原医院 69-5518
マイファミリークリニック蒲郡 67-2626 八木内科・消化器科 66-3215
柳沢内科 57-2537    

  県内広域予防接種協力医療機関での接種をご希望の場合

 県内広域医療機関での予防接種を希望される場合は、広域予防接種予診票等を発行させていただきますので、事前に健康推進課へご連絡ください。

 愛知県医師会広域予防接種協力医療機関検索

      https://www.aichi.med.or.jp/kenmin/kouiki_yobou/search_doctor.php?from=kenmin

   市内の受託医療機関以外や県内の広域予防接種協力機関以外、県外での接種を希望される場合

 市内の受託医療機関以外や県内の広域予防接種協力機関以外、県外での予防接種をされる場合は一旦、医療機関にて予防接種費用を全額ご負担していただき、後日、予防接種費用を返金させていただきます。健康推進課へ申請してください。

 書類、持ち物

 ・予防接種助成金申請書兼請求書 [Wordファイル/23KB]

 ・委任状 [Wordファイル/118KB]

 ・医療機関発行の領収書(成人用肺炎球菌予防接種と明記された医療機関の領収印があるもの

 ・通帳等振込先のわかるもの

再接種について

 成人用肺炎球菌ワクチンは、再接種によって注射部位が硬くなる、痛む、赤くなるなどの副反応が強くでることがあります。5年以内の再接種は避けてください。

市民税非課税世帯・生活保護世帯の方へ

 自己負担金が無料で接種できます。(令和3年1月末日の世帯構成・課税状況で判断しています)

送付された予診票の「領収書」の印字をご確認ください。

 生活保護世帯の方で、自己負担金が印字された予診票をお持ちの方は事前に福祉課で申請が必要です。

 接種後の助成申請はできませんので、必ず接種前に手続きをお願いします。


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット

コロナに負けるなプロジェクト

健康ガイド

うーみんナビ