ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡市保健医療センター > インフルエンザ予防接種について

本文

インフルエンザ予防接種について

記事ID:20211001 更新日:2022年9月14日更新

令和4年度インフルエンザ予防接種助成事業

再発行・送付先変更アンカーリンク 紫外医療機関接種用予診票発行アンカーリンク

ワクチンイラスト

流行前にインフルエンザワクチンの接種をしましょう

 インフルエンザは高齢者や慢性疾患をお持ちの方がかかると重症化しやすい感染症です。流行する前の10月から12月中旬に接種をうけた方が効果的です。

※令和4年度におきましては9月下旬頃に予診票を郵送する予定です。予診票に記載のある医療機関に予約をとり接種してください。インフルエンザ予防接種について必要性や副反応について、気にかかることや分からないことがあれば、かかりつけ医などにご相談ください。

インフルエンザ定期予防接種

令和4年度の定期予防接種の対象者

65歳以上の方(昭和32年10月1日以前の生まれ)

※60歳以上65歳未満で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能障害または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(主治医の意見書が必要です。)

接種費用

自己負担金 無料

令和4年9月12日付で愛知県知事がインフルエンザ定期予防接種の自己負担金を補助すると発表されたことに伴い、令和4年度の定期インフルエンザ予防接種自己負担金が無料になりました。送付させていただいた水色の予診票の自己負担金及び領収書部分には、金額が表示されていますが、定期インフルエンザ予防接種の自己負担金は発生いたしません。そのまま予診票をご使用いただき、医療機関で接種してください。

接種回数

1回

予診票再発行・送付先変更

予診票を紛失、汚損などの理由により再発行が必要な場合や入院などにより送付先を変更する必要がある場合は以下の申請フォームをご利用ください。なお、送付先変更の場合はご本人確認書類の添付が必要となります。

予診票再発行・送付先変更申請フォーム:https://logoform.jp/form/UpCD/149951

県内広域予防接種協力医療機関での接種の場合

県内広域予防接種協力医療機関での予防接種を希望される場合は、広域予防接種予診票等を発行させていただきますので、事前に健康推進課へご連絡ください。

広域予防接種予診票等申請フォーム:https://logoform.jp/form/UpCD/149826

 

接種をされたい医療機関が対象かどうか不明の場合は以下のホームページからご確認ください。

愛知県医師会広域予防接種協力医療機関検索:https://www.aichi.med.or.jp/kenmin/kouiki_yobou/search_doctor.php?from=kenmin

県内の広域予防接種協力医療機関以外、県外での予防接種される場合

県内の広域予防接種協力医療機関以外、県外での予防接種をされる場合は、一旦、医療機関にて予防接種費用を全額ご負担していただき、後日、予防接種費用をお返しさせて頂きます。健康推進課へ申請してください。

書類等

予防接種助成金申請書兼請求書の書き方見本

予防接種助成金申請書兼請求書(課税世帯) [PDFファイル/94KB]
予防接種助成金申請書兼請求書(非課税世帯) [PDFファイル/93KB]
予防接種助成金申請書兼請求書(家族等申請、接種者口座振込の場合) [PDFファイル/98KB]
委任状(家族等申請、接種者口座振込の場合) [PDFファイル/56KB]

※記載内容を間違えられた場合は、間違えられた箇所をボールペンにて2重線で消し、正しい内容の記入をすると伴に、申請者の訂正印を申請者名の横及び間違えられた箇所へ押印をお願いします。
ただし、助成金額を間違えられますと訂正印での修正ができません。お手数ですが、再度、申請書のご記入をお願いします。

インフルエンザ任意予防接種費用助成

任意予防接種費用助成の対象者

(定期予防接種の該当者を除く)65歳未満の生活保護世帯、非課税世帯等の方

 

助成回数

 

1回

※上記の費用助成申請期間内に接種されたものに限ります。

助成金額

 
対象者 助成金額
(定期予防接種の該当者を除く)65歳未満の生活保護世帯、非課税世帯等の方 1,000円

申請方法及び書類等

申請方法:保健医療センター1階へ下記の書類を持参するか、保健医療センターへ郵送してください。

対象者 書類、持ち物 備考
(定期予防接種の該当者を除く)65歳未満の生活保護世帯、非課税世帯等の方 ※どの医療機関で接種された場合でも申請手続き必須
  • 医療機関発行の領収書

※インフルエンザ予防接種と明記された、医療機関の領収印があるもの

  • 通帳等振込先の分かるもの

 

交付申請書兼請求書の書き方見本

 

対象者 書き方見本
(定期予防接種の該当者を除く)65歳未満の生活保護世帯、非課税世帯等の方

※記載内容を間違えられた場合は、間違えられた箇所をボールペンにて2重線で消し、正しい内容の記入をすると伴に、申請者の訂正印を申請者名の横及び間違えられた箇所へ押印をお願いします。
ただし、助成金額を間違えられますと訂正印での修正ができません。お手数ですが、再度、申請書のご記入をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

竹島水族館 ゾッキ 蒲郡市公式LINE AIチャットボット

新型コロナウイルス感染症対策サイト

健康ガイド

うーみんナビ