ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 蒲郡俊成短歌大会 俊成の里短歌大会 > 第35回大会優秀作品

本文

第35回大会優秀作品

記事ID:15555555 更新日:2020年5月26日更新

大賞

愛知県知事賞

 ほうほうとエゾフクロウの啼く深夜生家を譲る書類に印押す  藤林 正則(北海道札幌市)

蒲郡市長賞

 独り居の姉からかかる長電話AI人形の声がまじれる            春田 国子(岐阜県美濃市)

特選

愛知県教育委員会賞

 胎内のわが子へ今朝もゆつくりとひらがなのみで呼びかけてみる 熊谷 純(広島県広島市)

中日新聞社賞

 公園にシーソーをする笑ひ声空より地より交互にきこゆ 山本 久子(長崎県北松浦郡佐々町)

中部日本歌人会賞

 停年後楽しむはずの菜園が発芽率まで記録する癖 田中 孝和(愛知県蒲郡市)

蒲郡市教育委員会賞

 施設より請求書届く日暮れどき今月も母の顔見に行けず 阿波賀優子(愛知県名古屋市)

蒲郡市文化協会賞

 生家には誰が住むらん車窓よりたわわに実る柿を見て過ぐ 竹下 博子(愛知県新城市)

蒲郡市観光協会賞

 君は字も上手だったと夫は言う病の今には何も触れずに 太田 浩子(愛知県名古屋市)

特別賞

郡上市長賞

 廃校の時計は今日も八時半誰も気にせず針も動かず 吉本 雄二(東京都大島町)

高岡市長賞

 携帯のや行の君をまだ消せぬ巡る浅春もう三回忌 浦田 穗積(佐賀県唐津市)